2016年11月12日

ごめんねハチ


ハチさん、ただいま子育て中。

相変わらずヌイグルミを口にくわえて
ヒンヒン鳴きながら家じゅうを歩き回る。

今回の“我が子”はこれ。

P1200079.JPG

どういう趣味してんだか。

ただそのまま“我が子”を抱かせておくと
母性が続いてしまって母乳が止まらなくなる。

ってことで解らないように隠してしまうのだが。

そうなるとターゲットはコイツ。

P1200069.JPG

「追われる逃げる抑え込まれる」の三拍子に
普段まったく悲鳴を上げないチビも
はじめて「ぎゃん!」って鳴いた。

あまりのしつこさに
私のところに逃げ込んでくるチビを抱きながら
一日中ハチを叱りつけていた。

P1200076.JPG

そうしたら・・・

ハチの元気が無くなっちゃったんだよね。

病院に行かなくちゃと思ったぐらい。

年齢的に子宮蓄膿症かなとも思い
オムツもさせてみたけどその気配もないし。

P1200071.JPG

もしかして・・・と思い

ハチをいっぱいいっぱいヨシヨシなでなで
マッサージまでしてあげて遊んであげてたら・・・

いつものハチに戻ったんだ。

「ゴメンねハチ」って心から謝ったよ。









にほんブログ村
posted by きゅう at 08:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハッちゃんにしてみれば
可愛い我が子を取り上げられた上に
鬼のような顔をしたお母ちゃんに1日中怒られるんだもの元気もなくなるしょ。

この記事を読んでじゃじゃが家に来て間もない頃と似てるなと思ったんダ。
ひたすら追い回されて私に助けを求めて来るくりりんを抱いて
やっぱり1日中じゃじゃを怒ってた。
じゃじゃはめげないから元気をなくしはしなかったけど
じゃじゃの寝顔を見てると可哀想で
くりりんを抱っこしないでじゃじゃを抱っこするようにしたら
だんだん落ち着いて来たんだよ。

人間もワンコも同じなんだよね。
北風と太陽さ。
Posted by くりじゃじゃ at 2016年11月12日 19:36
くりじゃじゃさん、
いやはや、言われてみればホントにヒドイことしてたよ。
私ももっと早くにイソップさんとメルアド交換しておけば良かった。
そうしたら力づくでハチを思い通りにさせずに
柔らかいけれども暖かい陽射しで包み込んでやれたのに。

最初は都合よく「父ちゃんシックだな」って思ってたんだけど
寒くなっても一か所から動かなくなっちゃって
抱き上げて布団に連れてきたんだよ〜
寝てるようでもあるし元気なくグッタリにも見えたし・・・。
でもさすがハチ、食欲だけはあったから様子見てたんだ。
今も10キロのハチを抱っこしながらキー叩いてるよ(笑。
でもたまには怒るのもイイかも。
雨にも負けず風にも負けずくりじゃじゃにも負けない
じゃじゃのような健気な強い子になってほしいもん。
Posted by きゅう at 2016年11月12日 21:43
今回の主旨とは違うコメになってしまうけどさ
ワクチンもチップも避妊もどうするかは犬自身が決められないから飼い主の依存で決めるしかないんだけど
どれも悩みは尽きないなぁとこうして時々考えても仕方ない今更悩むとこではないけど思うんだよね。
避妊手術とチップ、うちはしたけど、本当によかったのかとかさ。
でも行ってなかったとしたらそれはそれで悩み続けるんだろうなと。
守る側の飼い主に犬は合わせるしかないのだから、その飼い主が決めたことへ揺れ動いてちゃいけないのにと時折反省してる。
それとは違うことだけど
人の子育てと同じで誰しも悩みながら反省しながら犬育てしてるんだね。

避妊手術したお友達のワンちゃんもときどき、ぬいぐるみ相手に子育て?したり
次に迎えたワンちゃん相手に母性行動するらしいから
そうした行動は手術したしてない関係ないのかもね。
うちは年齢が離れてないからか母性なんじゃそりゃ?と言うんじゃなかろうかって位、一度もそうした行動は見たことがないんだ。

Posted by みくまな at 2016年11月14日 09:54
みくまなさん、
後半部分、教えてもらって良かった。(^^)
ヌイグルミに発情するのって
おそらく手術をしてないからだと思ってた。
考えてみればチビも手術してないけどハチみたいにならないし。
父ちゃんに腕につかまって腰は振るけどね。

手術してないことに関しては全く後悔してないんだ。
表ざたにはならないけど手術で命落とすワンコもいるらしいし
全身麻酔のリスクは生き物すべてに関係することだしね。
もし手術して何かあって
「しなきゃ良かった」という思いだけは絶対にしたくないから
多分これから何匹ワンコを飼おうと手術はしないと思う。
子宮蓄膿症はもう覚悟してるから時々エコーで診てもらってるんだけどね。
命あるもの、終わりが来たときには黙って従うさ。
Posted by きゅう at 2016年11月14日 16:01
どれだけの頻度にもよるかもしれないけどさ
チビちゃんの腰降る行為。
実はうちも私の腕を使って愛があったんだ。
一日に一回ならと甘やかしたのが悪かったのか
この前、腰に近い背骨を痛めたのが原因と医者にいってわかったのだけど
食欲なかったり
いつも以上にビビリがあったことがあって。
日頃、私がいなくても同部屋に未来愛フリーにさせてたから
遊びの延長で未来が愛に背中に乗っかったことも多頭飼いってあるらしいから
なにが原因ではっきりとは言えないんだけど。
ただ、男の子でもむやみやたらに腰降る動作は腰痛やヘルニアを発症させる原因になるから制御したほうがいいって聞いたの。
しかもチビちゃんはダックスの血も引き継いでる子だから
余計にヘルニア、腰等は気を付けたほうがいいと思って再コメしちゃった。
どこまでが確かな情報か絶対的なことかまで言い切れないし
飼い主の考え方もあるからひとつの参考までにしてちょ。


Posted by みくまな at 2016年11月15日 07:31
みくまなさん、ありがとう。
チビの足の短さを見てると何故ダックスに腰を悪くするワンコが多いのか
解るような気がするもん。
ハチと比べちゃうからね。
でも父ちゃんの腕でしか振らないから頻繁ではないし
そういえば最近少し減ってきたかも。
でも腰振りは要注意だね。気を付けて見ておくわ(^^)
Posted by きゅう at 2016年11月15日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック