2016年11月01日

サンマ慕情

でね
暖かいと何が悪いかっていうと
「魚が取れなくなる」から。

特にサンマ。

P1190976.JPG

釧路が漁業で潤っていたのが
過去のことみたいになってるからこそ
季節の風物詩には姿を消してほしくないんだよね。

確かに温暖だと
ハチとチビとの散歩にはありがたいんだけど。

P1190985.JPG

今ひとつ欲を言うなら
その時に「釧路の匂い」を感じて歩きたい。

海風が運んでくる港町ならではの魚臭さを。

IMG_2454.JPG

年々それさえも
薄らいできてるような気がしてるよ。

      

    
サンマの塩焼きや甘露煮も飽きたので
「南蛮漬け」だよ。

P1190979.JPG

だけどサンマ5匹で300円だったのに対して
上に乗っけてる「ゆず」が一個298円って・・・







にほんブログ村
posted by きゅう at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は山の中で生まれ育ったから磯臭さが苦手で
就職して港町で何年か暮らしても
やっぱり好きな臭いにはならなかったんだよね。
でも今たまに港町に行くとその匂いに懐かしさを感じるのサ。

今年釧路から直送で届いたサンマの美味しさにびっくりしたよ。
脂がしたたり落ちるの。
初めてサンマが美味しいと思った(≧▽≦)


北海道に雪が降らなくなったら
どんなに過ごしやすいだろうなんてノー天気なことを思ってたけど
魚にも農作物にもいろいろなところに弊害が起きるんだよね。

なんていつにも増して真面目なことを考えてたら
大型テントのような日陰を作ったら
チッちゃんが寒いしょと注意するのを忘れるところだった( *´艸`)


Posted by くりじゃじゃ at 2016年11月01日 16:44
くりじゃじゃさん、同じ同じ。(^^)
最近だよ。
「年のせいかな」とも思ったけど
よく考えてみたらワンコと暮らしていて
消臭剤や香水を嫌ってる生活をしていれば
何が良いニオイなのかってのが普通とは違ってくるのかなって(笑

昔、港の子供たちはサンマを食べるのが上手で
一本まんま持たせても骨をぺっぺっって出してたって。
多分、おかずにオヤツにとしょっちゅう食べてたんだと思うけど
脂が乗って美味しかったせいもあるんだろうね。

これね、大型テントじゃないんだ。
何でも覆ってしまう「くりじゃじゃタープ」って言って
ちゃんと商標登録されてるんだ。(≧◇≦)
Posted by きゅう at 2016年11月01日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック