2015年08月31日

9月号ページ1(はちの夏)


追記:この写真は全部「はち」でございます。


よく犬のオヤツに
「7歳からの」という表示を見るんだけど

これは人間で言えば中高年に突入する年齢
ということなんだろうね。

101025_0906~02.jpg

はちも来春には6歳になるんだけど

「だからかな」って思ったのは

父ちゃんとの散歩で
休憩が多くなったと聞いたから。

P1180918.JPG

2〜3時間かけて、およそ10キロ超えの道のり。

DSC04865.JPG

去年までは平気だったのにという思いと
今年は例年に無く蒸し暑さも加わったということもあるけど

いずれにしても
毎年一つずつ年を重ねてるんだなと思うと
少し淋しい気がした。

DSC04848.JPG

P1180944.JPG

時々まわりでも
「犬は飼いたいけど、死んだときがイヤだから」
と言ってる人がいるんだけど

それは飼い主なら誰しも
同じこと思ってるんだよね。

P5200411.JPG


でもね、私が時々見ている犬のブログで
以前に実家で飼ってたワンコを見送ったという人が

「ワンコと暮らす楽しさや別れの痛みを知ることができたからこそ
 今飼ってるワンコとの日々を大切にしたいと強く思える」

と書いていて

「そのとおりだな」と思った。

P1180856.JPG

終わりがあるからこそ

今という時間の貴重さを知るんだなぁってね。






にほんブログ村
posted by きゅう at 08:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が再任用で仕事を続けず定年の歳で退職したのはくりりんのこともあったけど
自分の知力(わずかしかないけど)・体力に自信がなくなったこともあったんだよね。
60才定年と言うのは生物学的に妥当なんじゃないかと思ったサ。
だからここ1,2年のくりりんを見ていて
元気そうでも7歳からシニア犬と言われるのは
生物学的根拠に基づいているんだろうと納得してた。
その人・その犬によって差はあるんだろうけど・・・。
自分から休憩をとるはっちゃんやくりりんは
自分をわきまえて節制する賢いワンコなんじゃないかい。
なんてはっちゃんに便乗してくりりんの自慢をしちゃった( *´艸`)

若いうちに犬を飼ったら特別なことが起こらない限り犬が先に死ぬものね。
私はどっちが先とは言えない年だけど
ちゃんと看取ってやりたいと思ってる。
『終わりがあるからこそ今の時間の貴重さを知る』
終わりが近くなっている私にはことさら深い言葉だわ。
くりりんやじゃじゃまるとの関係だけでなく
貴重な時間を大切に生きなくちゃならないと気づかせてもらった。

それにしてもはっちゃんの散歩は10キロって
お父ちゃんが散歩できない時はきゅうさんが歩くのかい?
ほどほにしておかないと。
ホラ○○の冷や水って言葉があるべさ(≧▽≦)
Posted by くりじゃじゃ at 2015年08月31日 14:37


私ね・・・自分に都合よく解釈してるとも思うけどさ・・・
フード類でよく7歳からの〜ってあるしシニア突入って言われてるけど
人と同じ犬社会でも寿命が延びてる。
その寿命には殺処分の減りに関係あるのか
少なからずとも医学の進歩もあるのだろうけど
人と同じで食生活や環境など内臓機能が丈夫、機能維持に繋がってる。
従って、犬も一昔での年齢より若いと思うんだ。
子供頃の還暦60歳って『おじいさん』『おばあさん』で赤いちゃんちゃんこを着て座布団に座ってってイメージだけど
それって今の時代では80歳までいかないと・・・って思うのは
もしかしたら私自身から見るオバさん目線だからかな〜(笑汗)
でもね、小鉄を病院で診てもらったときにシニア用フードにする必要はないですよって言われたの。
個々の体型、体質、体調もあるから全てにおいてではないんだろうけどね。

なもんで医者でもないし直接はちちゃんを見てもいない私が言うのもなんだけど
はちちゃんの散歩休憩は年齢でではないと思うんだよね。
元々暑さに強いほうの犬以外は犬は暑さに弱いし
蒸し暑いのなんて毛皮着てない人でさえキツイもの。
それにしても〜スゴイね!!
2〜3時間かけて10キロ超えかぃ!!!

ところで〜
1番最初のはちちゃんの写真は同じ犬と知らない人に納得させるのは至難の業かも(笑)?
長毛種はカットスタイルでずいぶん変わるもんね。
たま〜に 万が一迷子になったり連れて行かれたりと
自分の犬と言い切れるかって(チップや迷子札なし)。
未来ちんは鼻の上と手にホクロがあって
愛は尻尾根元の上が他より濃いグレーなんだ。
まっ未来ちんは体型的にも卜イプーにしちゃ短足ちゃんと言う絶対ごまかせられない特徴があるけどね(笑)

未来や愛をなくしてからも言い通すことができるかわからないけど。
亡くした悲しみが強く、もう飼わない飼わなければよかったと後悔したら
その犬との出会い自体、思い出さえも否定後悔してしまうことになる。
悲しみばかりの毎日を送ったらその子が生きていた楽しい思い出も飲み込まれてしまう。
だからそうした日々が送らないって。

Posted by みくまな at 2015年08月31日 16:22


くりじゃじゃさん、おばんでございます。

以前にくりじゃじゃさんのブログで
くりりんかじゃじゃだったかゴハンを食べない時に
「自分で量を調整してる」って書いていて
先月ちびが小食になった時もそれを思い出してたんだよね。
今はしっかり戻ったけど。
そう考えたら散歩のことも
はちの「正直な訴え」なんだよね。
自分の力量を知っていて節制してるのは当たってるかもしれない。
「動物の本能」ってやつだ。
そう言えば腹いっぱい食べないと満足しないのは「人間だけ」
って、この前新聞に書いていたもん。
じゃあやっぱり
はちもくりりんに便乗して自慢するわ(笑)。

今回、はちの色んな写真を載せた理由の一つに
「変化の再確認」をしたかったのもあるんだ。
年を重ねて微妙に変わっていくことは「淋しい」だけじゃなくて
「確かにそこに足あとがあった」っていう証かなって。
まさに「mix犬はちのあしあと」なんだよね。
ちびが来てから、はちを「見る」っていう時間が半減されたけど
自分のためにも
「ちゃんとはちのこと見ていよう」って改めて思ったよ。

私が10キロも歩けるわけないべさ!
それやったら体力なくなってゴハンしたくも家事も出来ないわ。
でもね・・・
多分、はちだけじゃなく父ちゃんも10キロがキツくなってくると思うさ(笑)。
これから若返るわけじゃないからね。

Posted by at 2015年09月01日 16:43

みくまなさん、おばんでございます。

まずは「小鉄」懐かしい!!シニア用にしなくてイイなんて、幸せだね〜
しかも獣医さんがそう言うんだから
「実年齢より若い」とかっていうのは人間だけじゃないんだね。
私もね、結局お金を出してまで雑種(mix)を飼ったのは
やっぱり自分の中に「雑種は丈夫」っていう固定観念があったからなんだ。
だからってわけじゃないけど、はちもちびも
そんなに病院に行くほうじゃないしね。大きな疾患があるわけでもないしさ。
それだけに散歩で休むようになったことにチョットびっくりだったのさ。
でもみくまなさんの言うとおり確かにはちはよそのワンコより暑さに弱いわ。
今日もけっこう暑かったんだけど父ちゃんと2時間半だよ。
でも、オヤツを持っていくからピクニックみたいなもんなんだよ(笑)。
実は今回、数年前の写真を載せたのには他にも理由があって、
「ここぞ」という場面で全部カメラを忘れてたのさ。
だからいつも見てるAKI☆さんって人のブログの真似して
毛の長い時や短い時の写真を載せてみたの。
いわゆる「パクリ」っていうやつ?
う〜ん・・そう言われてみれば災害時とかは大変かも。
未来・愛ちゃんに限らず血統書付きのワンコは似てる子も多いもんね。
こんなとこでも「まだ言うか」って思われるかもしれないけど
はちがどんなに毛がボウボウで泥んこになって現れても
私は一発で解る自信があるよ。
「はちの特徴」ではなく「私の嗅覚」でさ。(爆)
「犬を飼う生活が楽しければ楽しいほど失ったときは悲しい」
というのは、もはや法則なんだろうね。
最近はちには特に「長生きしてくれよ〜オイ〜」って
オッサンのように呼びかけてるのさ(笑)。



Posted by きゅう at 2015年09月01日 19:14
私も記憶力がいいところを見せたいから追伸。
「自分で食べる量を調整してる」のは
みくまなさんちの愛ちゃんだよ。
くりりんは凄い波があるけれど自分の体を考えて調整してるとは思えないもん。
あれはただの「むら食い」(≧▽≦)

ついでにもう一つ。
くりりんが寝るのは枕の上でなく枕の横。
布団の上で枕の横に背中をつけて寝るんだよ。
くりりんは寝ている時多少蹴飛ばされても身動きしないけど
じゃじゃは私がちょっと動いただけで跳び起きるから
ゆっくり眠りたいらしく布団の隅の方か自分のベッドかで寝てるサ。
ということで返事は無用です。
Posted by くりじゃじゃ at 2015年09月02日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック