2015年07月29日

8月号ページ2(仲よく皮膚疾患)


夕方の散歩から帰ってきたら、はちの首の辺りが赤い

「?」と思ってよく見ると、白い毛に血が滲んでいたのだ。どんっ(衝撃)

傷のまわりを触ってみると皮膚がモッコリと腫れている。

「はちがハチに刺されたか」なんて
ダジャレを言ってる場合じゃない。

実はこの一週間前に、私自身が蚊なのかハチなのか
左腕を二ヶ所刺されて腫れあがり
かゆみと痛みで冷やすほどの重症だったのだ。

すでに時刻は夕方の5時を過ぎ。

病院に電話をしたら診てくれるというので
すぐに連れて行くことになった。

1436829792353.jpg

犬って何でこういう時には敏感なんだろう。

娘の車に乗った途端にイヤな予感がしたらしく
はちがヒンヒンと「鼻鳴き」をし始めたのだ。

おかげさまで
病院の待合室でもヒンヒンと怯えていたもんだから
診察台の上では体を押さえなくてもいいぐらいだった。

ナゼかって?

だってはちってば
逃げることも忘れるぐらいフリーズしていたんだもん。

先生が患部の毛を剃ったり、
傷口の血を顕微鏡で検査してみたけど
その日は「炎症」とのことでハッキリした原因は解らなかったのだ。

P1180733.JPG

翌日ふたたび病院の診察台で先生が傷口をしぼると

出るわ出るわ exclamation×2

ニキビのような白っぽいウミが大量に。どんっ(衝撃)

結局のとこ、
もともと出来ていた「オデキ」が
何かの拍子に破けたんだろうとのこと。

今まで毛が伸びすぎていて
出来モノの存在が解らなかったのだ。

だけど冷静に考えたら
病院に行かなくても家で対処できたんじゃないか?

1437819977904.jpg
  

〜 犬 〜 犬  〜 犬  〜 犬 〜 犬  〜 犬 〜


ちびは先週、いつも通りのカット。

1437819949992.jpg

それでも普段からかなり短く切ってもらってるので
場所によっては「肌が見えそう」な部分もあるのだ。

「いいねぇ〜〜涼しそうだね〜〜

な〜んて言ってたのもつかの間。

アレッ?おケツのあたりが異常に赤い。

よく見ると
一部分だけ毛が無くなってハゲになってるのだ。ふらふら

おまけにプツプツと赤い湿疹らしきものもある。

全身を調べてみると首のあたりにもあった。

どちらも毛を短く刈り過ぎていた場所。美容院

きっと、かゆさのあまり、
舐めたり引っかくことでことで沈めようとしたのだろう。

そりゃそうだ。

人間だって足や脇の毛をそったら痒くなるんだから。

犬だって同じだ。

P1180780.JPG

患部を洗ったり乾燥させたり
触らないようにエリザベスカラーまで作ってみたけど
何だか段々広がりつつある。

P1180787.JPG

やっかいな皮膚病だったら困るので、観念して病院へ行くことにした。

     

恐怖に固まるはちとは違い
なんとか診察台から降りようと大暴れするちびを前にして

先生がひとこと。

「かみそり負けだね」


1437476810808.jpg

やっぱり我が家のワンコたちは
メスでありながらオッサンキャラだ。

結局、かゆみ止めの注射と薬を塗られただけで
処方箋も無く帰ってきたのだ。

DSC_0257.JPG

それにしても、よく考えたらちびだって
家で様子見てもよかったんじゃないだろうか?

病院へ行くか、自宅で治すかの判断。

物言わぬワンコだけに難しい。

すべてが飼い主の判断にゆだねられるんだから。










にほんブログ村
posted by きゅう at 08:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はっちゃんもチッちゃんもたいしたことがなくてよかったけど
病院に行かずに家で対処できたとか様子を見てもよかったとかは
病院に行ったから言えることじゃないかい?
きゅうさんのハチ刺されは自分で冷やしたり薬をつけたりできるけど
はっちゃん達ができることと言ったら掻くくらいだし
責任者のきゅうさんにしたってワンコのおできがどんなものかわからないべサ。

私もくりりんやじゃじゃを病院に連れて行くか行かないか
しょっちゅう悩むけど
犬のことはわからないので迷ったら診てもらうことにしてる。
子ども達が小さかった頃よりくりりん達の方がずっと頻繁に病院通いしてるよ(;´∀`)

チッちゃんのエリザベスカラー本物のエリザベスカラーみたい。
こんなお洒落なカラーを私も汗受けにほしいくらいだわ」(=^・^=)
はっちゃんもだいぶ毛が伸びて来たみたいでよかった。

Posted by くりじゃじゃ at 2015年07月29日 16:33


やっぱさ〜、人間言葉で訴えられないし
自分が守っていかなきゃ生きていけん愛おしい存在には
よくわからん体の異変に冷静に判断て欠如してしまうと思うよ。
しかも、その前になんだかわからん虫刺されで辛い思いしたきゅうさんなだけに
こりゃ早く診てもらわにゃと思うよ。
オデキでよかったね〜ってオデキも人と同じ痛覚があれば痛かったろうね(汗)


あのさ〜
近場にトリミング室がそこしかないとか他にいろんな理由があるかどうか知らんのに
余計なこと言うようだけど・・・
もし替えられるようなら他のトリミングに替えたほうがいいんじゃないかな〜。
確かその前もところどころに短く刈り過ぎたとか血が出てたとか言ってたよね?
それにはちちゃんのこの前のカットも。
オーダー対して大雑把過ぎるし、もうちょっとバランスっちゅうもんをトリマーさんなら考えてするべきだと思う。
うちはプードルで尚更トリミングカットスタイルに対して
厳しい目線で考えちゃうのかもしれないけどね(汗汗)

ところでちびちゃんのエリザベスカラー・・・
子供の頃にさんざんお世話になってシャンプーハット(って名だったけな)を懐かしく思い出したよ♪


Posted by みくまな at 2015年07月29日 22:08


くりじゃじゃさん、毎度!

ハハハ〜〜おっしゃるとおり!
軽かったから違った選択も考えるけど
重症だったら「病院に行って良かった」と思うもん。
しかも完治するまで毎日「行った方がいいかなぁ」
って傷を見ながら悩んでるだろうしね。
はちは痛みに、ちびは痒さに苦しんでたかもしれない。
言葉で伝えてこないだけでね。
ただ私はついつい実家のミミのことを思い出すのさ。
目薬、オロナイン、胃腸薬、etc
ぜんぶ人間用で健康そのものに生きていたから
「チョットしたことで病院に駆け込むのはどうかな?」
って気持ちもあるっちゃあるんだよね。
まだ若いから自然治癒が頭をよぎるんだけど
かゆみ止めの注射をしてきてから
ちびが落ち着いて眠ってる姿を見てたら
「連れて行って良かった」と思ったよ。
そりゃそうさ。「子供より犬」だべさ(笑)。
だって言葉をしゃべらないだけに
人間で言えば1歳児ぐらいで止まってるようなもんだしね。

これは市販のシャンプーハットで作ったんだよ。
長さが足りないように見えるけど、顔を動かしずらいのか
付けた時はオシリを舐めなくなってたよ。
もしくりじゃじゃさんが付けたら
「不思議の国のアリス」のトランプの女王になってしまうべさ。
(今度、見てみてね)

Posted by きゅう at 2015年07月30日 11:11


みくまなさん、おはようございます。

それがね、はちの散歩中に自分の手の甲に違和感感じて
思わずペシッって叩いたら大量の血が出来てきたのさ。
虫はどっかに落ちて行っちゃったから何かわからなかったんだけど
腕も刺されてたんだよね。
そしたら当日より翌日!
腫れるわ痛いわで冷やさなきゃ寝れないほどだったんだよ。
蚊?ハチ?アブ?
はちも散歩後に気付いたから
てっきり悪い虫に刺されたと思ってさ。毒を抜かなきゃなんてね。
腫れに気づかなかったのは
普段から背中の脂肪が多いから見落としたんだ・・・っていい訳だね。

う〜〜んカットのこと、実はチョット私も考えてた。
でも歩いて20秒のとこにあるんだもん。
ただバリカンじゃなくてカットだとすごくキレイにやってくれるんだよ。
他のとこでも切ってみようかな・・・って思いもあるんだけど
ちびが混合ワクチンをしてないってのもあるから
衛生的なとこでやりたいって気持ちが大きいんだ。
今の行ってるとこは小じんまりしてるし
去年、新しく立て替えたばかりなんだ。
こっちは田舎だから選択肢も少ないんだけど
もし、みくまなさんと同じ町に住んでたら
色々なとこに行って試せただろうなぁ・・。
トイプーは特に「技」が必要だろうしね。
ただ私自身も今回は少し反省したよ。
夏だし、暑いし、私の布団にも乗っかってくるから不衛生だし・・・
って人間目線のことばっかり考えて「短く短く」って頼んでしまったけど
犬にとっては、いい迷惑だったんだと思った。
反省ザルのように机に手を付いてうなだれたよ(笑)。
いっしょに考えてくれてありがとうね。

ネットに手作りのエリザベスカラーをシャンプーハットで作ったのがあったのさ。
それをパクったんだよ。
思えばロングセラーだよね。



Posted by きゅう at 2015年07月31日 08:22
こんにちは。

はちちゃん「オデキ」だったんですね〜、
毛が長いとなかなか見つけられなくて発見が
遅れてしまいまうんですよね(;^ω^)リュウも同じです。
毛をかき分けないとわからないしで 汗
病院へ行くかどうかって迷います。とっても。
でも案外、病院に行くと「こんなことで・・・」と
先生は口には出さないですが、そんな言い方されると、
もうココには来ないぞ〜!なんて思いながら、
毎度カチンときながらも行ってしまいます^^;
1番近くで空いてるという理由ですけど^^;
最近は相談も親身になって聞いてくれるようになりました。
もしかしたら苦情でもきたのかな?苦笑

ちびちゃん、きっと肌が弱いんじゃないでしょうか?
「カミソリまけ」するようなら、ハサミでバリカン風に短く切ってもうとか、
どうでしょうかね?
ちなみにリュウもコジローも腹の部分はバリカンですけど
1度も「カミソリまけ」をしたことがないんです。
なので、なおさら、そう思ってしまいました><

他の方もおしゃっていましたけど、
シャンプーハット懐かしいです!!笑
ちびちゃんの首にジャストサイズだったんでしょうか?
これなら本物のエリザベスカラ―は不要ですね!

いやいや、笑わせてもらいました(´∀`*)ウフフ
Posted by みきんこ at 2015年08月04日 15:11


みきんこさん、こんにちは。

やっと少し涼しくなりましたね〜釧路はイイ!
あの一番暑い日、実は私、帯広にいましたよ〜

トイプーの毛って、初めて触った時にビックリしたんですけど
けっこう硬いんですもんね。
ってことはコジロー君とリュウ君は全然ちがうってことかな?
結局、普段ちゃんと見てやってないもんだから
こういうことになっちゃったんです。
反省して以前よりワンコたちの体を触るようになりましたけどね。
「こんなことで?」みたいな獣医さんも居るんですね。
昭和・鳥取地区かな?(笑)
私も近くて保険が使えるってことだけで行ってる病院なんですけど
ここの先生も賛否両論、評判は様々ですよ(苦笑)。
私もはちの時はバリカンもしていたけど
こんなことは初めてだったんです。
ただ気になって舐めたりする犬と、そうじゃない犬もいるからでしょうね。
「はさみカット」確かにその方が肌に負担がかからないかもしれませんね。
でも、もしかしたら
「シャンプーが合わなかったのかも」とも思いました。
ホラ、ちびはお嬢様だから!(爆)
うちでは市販の毎日洗えるっていう匂いも刺激も弱いもので
時々洗うぐらいですしね。

シャンプーハット、首に合わせてカットはするわ
スナップボタンも付けちゃうわで永久保存版にしましたよ。
病院で使ってるものより長さは無いんですが
首を動かしずらいのか、意外にも効果はありました。

Posted by きゅう at 2015年08月07日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック