2015年03月10日

メモリー最終回 〜 琉球情話


バスガイドさんの話の中に
何度も出てきた
「○○は宮古島だけです」
という自慢。

決して嫌味なわけではなく
「一生懸命」という言葉がぴったりなような。

おそらく
観光に賑わう沖縄本土や
若者に人気の石垣島なんかと比べてのことと思う。

P1170945.JPG

バスでの移動中、外に見える木や草は
弓なりに曲がってるものが多く

吹く風の強さを想像させられる。

宮古島特有の土壌では
米を作ることが出来ないので

農作物と言えば
さとうきびや葉タバコや温室野菜ぐらいなのだ。

それが
台風で一瞬にしてダメになったことも
過去には数え切れないほどあっただろうに。

「明日からどうやって食べていけばいいのか」

そんな不安を抱えながら
嵐が過ぎていくのを

だだ待つしかないという歴史を
何百年も繰り返して来たに違いない。

自然の猛威の前では成す術もなく
何もかもを奪われてしまったときに

本土ではなく
こうした小さな島の人々が
体の奥から絞り出すように生まれた言葉が

「なんくるないさ」

だったんじゃないかと勝手に思った。

      
P1180175.JPG

宮古島を後にしたのが昼近く。

那覇までの50分ほどの「空の上飛行機」は

ホテルの特製サンドイッチを食べることで
なんとか苦手意識を紛らわすことができた 

P1180178.JPG
P1180228.JPG

那覇空港で免税店に立ち寄ってみた。

春色のブランドバックやカバン
高級な腕時計が
ところ狭しと店内を飾っている 

普段なかなか見ることのない
「0の数が多い値札」をひっくり返してるうちに

ふと
自分のものを何一つ買ってないことに気付いた。

「何か記念に買わなきゃ   あせあせ(飛び散る汗)


P1180184.JPG

P1180183.JPG


       〜    〜    


釧路に帰ってきて一週間後、外はこんな大荒れの天気だった 台風

P1180214.JPG

そんな 春まだ遠い窓辺に飾ろうと

「免税店」の近くの店

自分のために買った唯一のものが

P1180188.JPG

この
琉球ガラスで作られた
小さな一輪挿し。

宮古島の素朴な暖かさが
何となく似てるような気がしたんだ。

        〜 おわり 〜


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 
   
  
  

 おまけのメモリー 

「首輪」ってのが、どうも好きになれなくて
今まで買ったことがなかった。

「締め付けられてるようだし
 苦しくないんだろうか」

と、いつも思っていたから。

でも今回、はちに初めて首輪を買った。

P1180256.JPG

あさっての12日で5歳になる。

人間で言えば立派な大人だし

「成人式」のスーツを買うような感覚で
首輪を用意してみたのだ。

5周年、10周年、15周年、
出来れば20周年も
首輪を新調してやれたらと思ってる。

P1180276.JPG

はちの5歳を祝ってやれる幸せに「感謝」。

P1180259.JPG

ちび
「あの体調不良は一体なんだったんだ?」
と思わせるぐらい元気いっぱいで絶好調さ 










にほんブログ村
posted by きゅう at 08:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくら賢いとかお利口とか言ったってワンコだべさ
本当に親バカなんだからと鼻で笑っていたら
お母ちゃんがこっそりケーキを食べているとか
ご褒美のボーロがはっちゃんより1個少なかったとか
そんな現在進行形がストレスになっていたわけではなく
これから起きることを予想してストレスを感じてたのかい。
本当に賢いんだわ。
いやあ親バカだなんて笑って悪かったm(__)m

でもそのストレスの原因が宮古島行だァ( `―´)ノ
宮古にいる間中背後に刺すような視線を感じなかったかい?
1日で完結すりゃいいものを何日も歯ぎしりをさせてくれるもんだから
動物病院で思わず
「くりりんはやっぱり飛行機に乗せられませんよね」と訊いてしまったしょ。

私は旅先で何かを習うことに時間を取られるのはもったいないと思っていたから
○○体験ということをしたことがないんだよ。
見る聞くだけではなく体験しなければ沖縄好きなんて言えないんじゃないかと
きゅうさんの阿波踊りなのか沖縄舞踊なのかわからない踊りを想像しながら
体験しないことの方がもったいなかったと今になって後悔してる。

私が初めて沖縄に行った時30歳代のガイドさんで
反感を持たれない程度に(多分自分の言葉で)基地問題を熱く語ったの。
2回目に行った時はアンチョコを見ながらガイドをするような若い人で
マニュアル通りのガイドだったんだと思う。
私は宮古島には行ったことがないけど
きゅうさんが出会った宮古島のガイドさんと
私が最初に出会ったガイドさんの姿勢に同じようなものを感じたんだよね。

な〜んて私が小難しい問題を真剣に考えるわけもなく
沖縄が好きなのはただただ南国特有の景色とゆったりした時の流れサァ。
でも遅い時間に始まる宴会だけは郷に入っては郷に従え『ない』
きゅうさんが泊ったような高級ホテルだと問題ないだろうけど
くりりん達を連れて行くとコテージのような所だから
寝入った頃にドンチャン始まって老体には辛かった。

やっぱり入っちゃったかい(≧▽≦)
どうせここまで思い切ったのならナイスバディ全身を見せたらよかったしょ。
4月1日が本島の海開きで子ども達を泳がせたことがあるんだけど
その時期に泳ぐのは北海道の人間だけだって言われたよ。
泳げるかもしれないと水着を持って行ったの?
小さくて見にくいせいかすっぽんぽんのようにも見えるんだけど。

青い海にエメラルドグリーンの海
きゅうさんとは似ても似つかないハイビスカス
飛行機の恐怖なんてなんくるないしょ。
もう行くことがないなんて言わないで私と一緒に行かない?
2ショットのナイスバディをご披露したいから。

思いがけず知らない人ではなく仲良くしてもらっているきゅうさんの
見た感じた沖縄を見せてもらって心が癒された。
ありがとう。
ちょっと心が弱っていたから那覇空港に涙が出たけど。

はっちゃん少し早いけどお誕生日おめでとう♪
来年のお誕生日は沖縄でね(^O^)/
Posted by くりじゃじゃ at 2015年03月10日 12:03


ちびちゃんのお腹の調子から
実は前々から思ってた頭の出来具合を言うしかないよね〜と自慢話しに花を咲かせてまでは
へぇ〜ちびちゃんて賢い、飲み込み早い子なんだって普通に読めたけど
まさかまさかでそこから突然、宮古島に旅行に行った話に展開するとは誰しも想像できなかったと思うゎ!
なぜか『やられたぜ』って言葉が出たよ(笑)
くりじゃじゃさんなんて常夏の島大好きだから
私とは違った『やられたぜ』と思ったかも(笑)

しかもそこまで行って松崎しげるのミニライブだって!?
そんな熱狂的なファンだったのかと思ったけど
読むうちにこれもツアーに含まれたコースのひとつ?みたいだよね?
暑い、南の島 そんなイメージにぴったりだもんね♪
でもいくらなんでも24度の気温でプール満喫するなんて、いたんだね(爆)
せっかくだから、もったいないしと入ってみればと促したんかぃ(笑)?

10年位前になるけど一度だけ沖縄へツアーで行ったことがあるけど
そのときにバスガイドのおねえちゃんが沖縄って、
いつも晴れてるイメージがあるでしょうが一年のうち4割だか6割だか(どっちかなんだけど相当違うか 汗)は
雨なんですよって確か言ってたことを思い出したよ。
だから何泊も滞在して晴れてたとしたら相当運がいいとか言ってたんだ。
確かに三泊四日滞在してて、曇雨、晴れ、雨晴れの天候だった気がする。
着るもの悩まなかった?
うちは子供の春休みに行ったんだけど、あちらの平均気温聞いてもホントにこの薄手で大丈夫かと思ったもん。
あと、基地のあれやこれ、1番今でも覚えてるのが日本のなんとか金で電気代がタダなのをいいことに家に誰もいなくても冷房つけっぱなしだと言ってたな。
主婦目線だからそのことが1番印象に残ったのかしら(笑汗)

沖縄の踊りってあのNHKちゅらさんだかで嬉しいことがあると踊るってやつ?
大げさではなくて日頃からそうなんだってね。

えぇぇ!?とまた驚いたのが初めての首輪ってところも。
散歩や日頃の写真も、じっくり見てなかったってことよね。
うちは私自身が誕生石のネックレスとか普段からしてるせいか
それとは違うけど窮屈とは考えもしなかった(汗)
小さい頃から慣れさせないストレスになると聞いたし
東日本大震災後には万が一迷子になったらで迷子札つけた首輪を常にするようになった。

でっ
最後のオチが免税店で自分のを買ったのかと思わせといて
近くの店で買った小さな一輪挿しってかぃ(笑笑)
確かに宮古島の素朴なぬくもりを思い出させる品だね。

Posted by みくまな at 2015年03月10日 18:07


くりじゃじゃさん、おばんです。
最初から全部見てくれてたんだね。ヘヘッ!
なにせ年が年だから、記事を小分けにしないと
出来事は忘れちゃうわ整理がつかないわで脳の衰えを感じてるよ。

私は普段グータラしてチビにくっついてゴロゴロしてるくせに
今回、妙に家の中をアッチいったりコッチ行ったりして
ロクにかまってやらなかったからかな・・・とか、
その前に料理ブログも毎日更新してパソコンに向き合ってたから
チビのくせにスネて怒ってたのかもね。(笑)

宮古島に着いた時、でっかいケージにでっかい柴犬らしき犬が乗ってたよ。
飼い主と荷物受け取りのとこで再会してヨシヨシされてたけど
うちの2匹じゃ、ああは行かない。
くりりんもじゃじゃまるは、
私よりはるかに飛行機慣れしていてお利口なんだろうなぁ。
「体験しなくて後悔」なんて、これからいつでも行けるっしょ。
やっぱり愛犬を連れて行かなきゃ解らない良さもあるのかい。
実は私が泊まったとこもワンコOkの部屋もあったんだよね。
近くにドッグランがあると知った時は、さすがにハチとチビを思い出したよ。
ただ私の場合
ワンコ連れで出かけると「乳幼児を連れてる」ような疲れを感じるし、
どうしても「自分が楽しめる」が優先になるから、
お出かけに関しては「ワンコ思い」ではないんだよね。

私も自分で「沖縄舞踊じゃなくて北海盆踊りじゃん」
って思いながら動いてたから、周りから見ればただの挙動不審さ(笑)

ここのガイドさんは負けず嫌いな感もあったよ。
以前に島田新助が
テレビで宮古を取り上げたにの途中で終わらせてしまったもんだから
スタッフ一同みんな撤収してしまって淋しくなったって言ってたしね。

プールの写真、小さくてゴメンね。実はこれ、父ちゃんさ。
だって、私だったらもっと大きくナイスバディを公開するもん。
しかも一点のモザイクナシで(ウソウソ!)
ただ「すっぽん」ってのに腹抱えてゲラゲラ笑っちゃった。
体系が完全に四角なもんだから背中が「甲羅」に見えたんだべさ〜
今も打ち込みながら笑いが止まらないさ!

ん〜〜〜でもやっぱり飛行機は一日1回でいいわ。
ってか、くりじゃじゃさんとは沖縄の前に
狸小路商店街で待ち合わせてお買い物とお食事だべさ♪

コメントに合わせて、
はち姉さんに過分なご祝辞、ありがとうございました。



Posted by きゅう at 2015年03月10日 18:52

みくまなさん、おばんです。

「これから行く」って時に「ナゼ?」って感じだったのさ〜
それまでのチビは元気で絶好調だったんだよ。
だから関連性もあるのかなぁと思って、事の始まりから書いたんだけど
ちょいとサプライズだったね(笑)驚かすの大好きさ!
それこそ松崎しげるはサプライズだったんだよ。
今回の会食に来るとは誰も知らなかったみたいで
用意してあるステージを見てホテルの人に
「誰が来るんですか?」って聞いても
「言ったらクビになるので言えません」ってさ。
でも120%大満足の熱唱だったんだよ。背は意外と小っちゃかったわ(笑)

確かに「せっかくだから。そこにプールがあったから」ってのは
アウトドア派の父ちゃんらしいんだけど、
入りながら「ゥオ〜〜!」とかって冷たさに絶叫してたわ。(爆)

着るものは「半袖の上に長袖を羽織る」を基本に最小限だし
私は荷物も男性のように少ないんだよ。
靴さえ履きなれたものなら何とかなると思ってね。
でもそれで正解さ〜。だって踊らされちゃうんだから(笑)
ちなみに三線を弾く時は歌も歌いながらだったんだよ。
となりにいた父ちゃんは困惑してたけどね。

私はネックレスは年に一度するかしないかなんだよ。ピアスは年中してるんだけどね。
散歩はもっぱらハーネスのみさ。
迷子になった場合のことを考えないわけではなかったんだけどね。
でもこれからも散歩の時は首輪を付けていくけど
家にいるときは付けようとは思ってないんだ。
何かあっても「その時は運命かな」なんて思ってるし。
昔のように外につないで飼ってるなら大丈夫だろうけど
家の中では首輪が引っかかるような思いもよらない場所も多々あると思ってさ。
特にチビはチョロQのように走るし飛ぶしで
いつケガしてもおかしくないぐらいヤンチャだからさ。
人間の思い込みかもしれないけど
家にいるときは何も付けず楽チンにさせておきたいんだ。

一輪挿しは10センチにも満たない小さなもんなんだけど
今もすごく気に入っていて
窓辺じゃなくキッチンの台の上に置いて
いつでも眺められるようにしてるんだよ〜。
Posted by きゅう at 2015年03月10日 22:37
諸々の用事を済ませて、ゆっくりめに伺いました
宮古島 怒濤の連載は 初回ダイソンから楽しませて貰ろてましたえ〜

ちびちゃん賢いさかいに、旅行の支度してるん判ったんやと思うで(苦笑)
アホな茶歩でも ドッグランやら行く時のカバンと 礼服やら数珠やら用意
してる時は ぜんぜん態度が違うしな

ええもん食べて来はりましたな、フォアグラに本マグロにサーロイン…
けど ソルベが泡盛って (笑) 味が想像つかんけど 美味しかったか?
ソーキそばは 私も ( こっちの沖縄料理店で )食べた時、がさがさした感
じの うどん? っちゅう感想やったわ、判る 判る (笑)

三線って ちゃんと曲を奏でられんでも あの音だけで のんびりした沖縄
の雰囲気と碧う海が頭に浮かんで 癒されるよ
ただ それと『 自由に踊って〜 』がセットやったんか(爆)
自由にって言われても、ふだんからダンスとかやってなかったら体が自然
に… とはいかんやんなぁ
私やったら 壊れかけたロボットか 2日酔いのタコみたいになるわ (爆)

その書体!! (雪塩)
私な、沖縄菓子の ちんすこうって砂糖のかたまりみたいで 好かんかっ
たけど、その同じ書体の文字で 雪塩ちんすこうって書いたんを食べて、
えらい気に入ってな
茶歩も ちょっと食べさしたら くれくれ ♪ しつこかったんえ〜
今も 沖縄物産展とかで出てたら たまに買ってるリピーターやねん(^^)

おかしな夢って・・・犬神島の聖域から釧路に 何を持って帰ったんや?
ブログ写真うを見たところ 不審なもんは写ってへんようやけど、犬神て
言うぐらいやさかいに 犬を飼ってる私らに何かメッセージか?

たとえば、めんこいからって 過保護はいけません
犬を わが子のように大切に思うのは良いことで有るけど、決して わが
子のように扱ってはいけません 犬は犬です
( ある犬トレーナーさんの言葉)
                    みたいな (笑)

お父ちゃん、プール付きやしって 肌寒いのにムリして入らんかて(爆)
きゅうさんも [ さむい ]を [ さぶい ]って言うんか?
[む]が[ぶ]になってしまうん、うちら関西だけやと思てたわ


私は 『 なんじゃ、こりゃ? 』みたいなスコールはハワイで体験したけ
ど、ほんまに急にザ〜っと降って 数分で快晴やったし ビックリしたん
覚えてるわ

いかにも『 これぞ琉球ガラスの土産です!! 』的なもんちごて さりげな
い優しい感じの品を選ぶとこが、きゅうさんらしいわ (^^)
ウチもな、気に入ったもんは なぜかキッチンの出窓のとこに有るで
ただウチの場合は イモリの水槽と一緒に萎え編んでるけどな (笑々)

私も ここんとこ心が疲れてたさかいに、宮古島の風景と きゅうさんの
連載に癒されたわ おおきに m( _ _ )m

あのな、羊とヤギの肉って 似た味するんやろか…
                  これ一番 気になるわ (爆)


首輪は やっぱり何がしか負担かかると思うで
うちも茶歩が 気管支炎になるまでは気づかへんかったけど、胴輪やと
けっこう引っぱりよっても大丈夫やのに 首輪ではチョット引いただけ
で 咳込むねん
と言うことは、健常な犬でも 首輪は気管支あたりが抑わってる言うこ
とやろ? 若いうちはええけど 歳とって気官虚脱ぎみになって来たら
胴輪の方がええと思う

あと、私も家にいる時は 何も付けささへん主義
胴輪であろうと首輪であろうと 元もとは飼い主の都合やし、犬にとっ
て ありがたい訳あらへんもん

茶歩が仔犬のころ 『 もし チョットうっかりで脱走さしてしもたら』
で家にいる時も首輪してたら[ 思わぬとこ ]に引っかかってな〜
それからは 家の中では首輪は危ないって言うて やめたんえ
はっちゃんは大丈夫やろけど、ちびちゃんは まだまだ危なそう(苦笑)

それとな、
ず〜っと首輪してると そこの毛が すり切れたみたいに クセもつくし、
私は やっぱり家の中では 裸ン坊がええと思う派

Posted by 古都 at 2015年03月14日 00:21


太鼓はん、初回からの購読、おおきに!

人間には想像できないような「犬の心の機微」みたいなもんもあるんだろうね。
外飼いでたまに話しかけるだけでもお手やオスワリを覚えるんだから
365日24時間、人間の言葉聞いてりゃ解るかも・・・って思うんだ。
チビに限らず、どの犬もみんなさ。

泡盛ソルベ・・・実はアルコールっぽさが全く無かったんだよ。
って言うか、宮古島の料理はどれもが薄味だったように思う。
私には丁度良くて9割以上は満足な美味しさだったよ。
ただソーキそばはオイリーな私にしてはちょっと物足りなかったから、
太鼓はんも同じやと思うで(笑)

踊りもさ〜持って生まれた「体のしなやかさ」が無いってことは
ディスコ時代に自覚してたからしょうがないんだけどね。
三線が上手になったときに弾いて見たいのが「島唄」かな。
そう言えばこの前急に父ちゃんが「三線は要らなかったのか」って言いだしたんだよ。
だから子供達と
「もうすぐ宅配便で1.5m位の縦長の箱が届いたりして」
って笑ってたとこさ。

雪塩もしょぱさが優しいのがイイとこなんだけど私はちんすこうが苦手なんだ。

島は「犬」じゃなくて「大」さ。
大神島なのさ。大きい神様?って何だろね。
足を踏み入れた人たちが実際に不幸な事故にあったとか
言い伝えだとかをガイドさんが話してたんだよね。
帰って来て3〜4日、目覚めるときに何やら必死に頑張ってるのさ。
うなされてたのかな。
そして5日めぐらいに私の目の前に顔も体も汚い男の子が立っていてね。
「この子を隅々洗ってやらなきゃなんないな」って思ってる夢。
何か助けを求められてたようなボヤ〜ンとした変な夢。
何も関係ないと思うんだけどね。

トレーナーさんの言葉、おもしろいな。
最近はチョットめんこめんこし過ぎてたかもしれないから肝に銘じるさ!

「さぶい」と言うより「さぶっ!!!!」さ(笑)
ついでに「ヤギは臭い」と他の観光客が言ってたよ。

今日はじめてハチに首輪を付けて散歩したんだ。
何だか今までより立派な犬に見えたよ(笑)
釧路なんか地震が多いし、それこそ驚いて逃げ出したときに
どこの犬だか解らずにそれっきりになる可能性もあるよね。
首輪を付けないことを犬のためと思っても
それがどう転ぶかは
それこそ運命の分かれ道としか言えないもんね。



Posted by きゅう at 2015年03月15日 11:28
ステキな沖縄旅行でしたね〜♪
あたたかい気候の地域に住む人たちののんびりした雰囲気はあこがれます。
なんくるないさ〜〜〜なんて、セカセカしたこっちでは絶対に言えない言葉wwww

ワンコ達絶好調でヨカッタヨカッタ(^^)

コメありがとね〜♪
ちょっと訳あって食べ物の記事コメ無しにしてるんだけど
コメ拒否チェックするの忘れてて(^^;)でもコメ嬉しかったよん♪

沖縄の次は青森ですか?
あんまり観光スポット多くないけどご飯は美味しいよww
Posted by めいにゃん at 2015年03月23日 23:29


めいにゃんさん、おばんです。
めいにゃんさんも色々行ってるから沖縄は視察済みかと思ってましたよ〜。
なんくるないさ〜は北海道だと「ゆるぐないけど、なんもだ」ってとこかな(笑)
ワンコたちは飼い主が思うほどヤワでもなく
ちゃんと臨機応変に順応するもんだと思いました。
旅行ではないけど、これから先留守番が多くなるので
かえって犬の強さが知れて良かったと思ってます。

そうだったんだ〜
確かに食べログにコメント欄は「珍しいな」と思ったんだ。
めいにゃんさんが時々、関東や関西も載せてるけど
「やっぱり青森にはかなわないな」と思い知らされるんですよね。
「弘前城の桜」「ねぷた」
そこにジャンルを問わない最強の「美味しい食べ物」が加わるんだから
できれば1週間ぐらいかけて
青森の隅々をゆっくり歩くのが私の今の夢です。


Posted by きゅう at 2015年03月24日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415351508

この記事へのトラックバック