2015年03月03日

メモリーB 〜 手前みそ


「かわいがり過ぎ」って言われても否定はしない。

だって・・・
チッちゃん、めんこいんだもん 

だから親バカついでに
ここで愛犬自慢をしようと思う。

自分のことは自慢できることが無いからさ。

P1140060.JPG

ちびが賢いってこと
実は我が家に来てから2日目に悟った。

最初はまだオシッコのしつけも出来てなかったので
時々ケージから出してやっていたのだが

そんな時、必ず歩きまわる私の足元に
ベッタリとまとわりついて来ていた。

何せ1sと小さすぎるもんだから
しょっちゅう踏み潰しそうになるやら
ジャマで家事が進まないやら ふらふら

あまりにも危なっかしいので
まずはピタッと歩くのを止めてみた!

そして足元を見下ろすと

小さなちびも歩くのを止めて
私をジ〜ッと見上げている。

P1140057.JPG

「ダメッ!ダメだよ!
 危ないから離れなさい!」


と、まだ生後2カ月の子犬に向って
いささか強い口調で叱ってみた。

するとちび
私の目をしっかりと見据えながら小首をかしげて
一生懸命 何かを感じ取ろうとしていたのだ。

「もしかして、この犬、利口かも」

漠然とそう思った瞬間だった。



だからって、余計なことは教えていない。

人間と同じ屋根の下で共存するのに必要な
「待て」と「おすわり」のみ。

お手やチンチンなど
人に見せるための無意味な芸は
ストレスになると思ってるから教えてない。
(だからもうストレスだって言われただろ!)

P1130990.JPG

生後3ヶ月の時には
ほとんどオシッコを失敗しなくなり、

半年後には
甘噛みから「遊び噛み」を覚えていた。

それは手を差し出すとカミカミしてジャレながらも
噛む加減を「寸止め」するというワザだ。

        犬

散歩も1匹ずつなので
はちが先に行く時、ちびはケージ内でお留守番なわけで。

最初のころは
ちびも連れてって」と、
私の足元に飛びついてきてたのだが ダッシュ(走り出すさま)

今ではもう
はちと散歩の準備をしていると
自らトコトコとケージに入っていくようになったのだ。

P1160964.JPG

去年
8ヶ月で初めてトリミングをした時も
終わって迎えに行ってみると

「すごく性格の良い犬ですね」

と、トリマーさんからお褒めの言葉を頂いた。

多分、
洗ったりカットしたりする時に
ちゃんと言うことを聞いていたという意味だと思う。

P1150764.JPG

「最近、何か変わったことは?」と言われて
「思い当たることは無い」と答えたが

実はチョットだけ気になることはあったのだ。

でもまさか
そんな小さな飼い主の変化を
犬が解るはずないと思うし。

いくら利口
ちびとて
私の些細な異変を
感じ取れるわけがないと思うのだが。

いつもはコタツでゴロゴロしている私が

隣の部屋で旅行カバンをいじくってたからって

「どこかへ行っちゃうのかな」

なんて不安を感じるわけ・・・ないよな・・・。

有り得ないよな・・・


           〜 つづく 〜




にほんブログ村
posted by きゅう at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする