2015年07月30日

8月号ページ3(顔)


例の「かみそり負け」の病院の待合室で
ちびが褒められた。

「やさしい顔ですね。目がやさしい」

と、猫を抱いた女性に言われたのだ。

P1160627.JPG

「メスだからじゃないでしょうかね」と、私が答えると

「飼い方なんでしょうけどね」

サラッと言って診察室に消えて行ったのだ。

P1180804.JPG


思わずクレヨンしんちゃんのように

「いやぁ〜〜それほどでも〜〜


と、言いたくなったんだけど
そこは大人なのでグッと押さえておいた。

P1180849.JPG

話は変わって、私はトマトが好きで
美味しいのを選ぶ自信がある。

ヘタがどうとか、色がどうとかじゃなく
「動物的直感」で選び出す。ひらめき

時々、
「まずそうな色なのに美味しい」という品種もあるんだけど
ほとんどハズレは無い。

1437476801098.jpg

トマトだけじゃなく、肉や魚や果物も同じ。

でもそれは私だけが特別なんじゃなく
ある程度の年齢になれば誰しも同じように言えることで。

「長く生きて、たくさん見てきた」

ただそれだけのことなんだけどね。

P1180856.JPG

食材だけじゃなく「見た目と中身が一致している」って
人間にも当てはまるかなと時々思うことがある。

私はプロ野球にまったく興味が無いので
誰がどこのチームとか成績がどうとか
ぜんぜん解らずにいるんだけど。

例えばかなり昔のある日。

テレビ越しに映った清原和博を見て

「あれ、この人、顔変わったな。急に大人になった?」とか

中田翔ってこんな顔だったっけ?男っぷり上がった?」なんて時は

必ずといっていいほど試合でも調子が良い時だったりしたのだ。

モチロン、スポーツ新聞もスポーツニュースも
まったく見ていない時のことなんだけれども。

P1180728.JPG

そして逆に
テレビに出ていた人の顔を初めて見た時に
「こいつはウサンくさいぞ」と思った人物もいる。

  百田尚樹


書いた小説「永遠の0」が
V6の岡田准一によって映画化されたってことで
話題になっていたころ。

絶好調に売り上げ部数も伸びて
マスコミにもチヤホヤと持ち上げられて
もはや怖いもの無しの有頂天になっていた頃のことだ。

問題発言やら何やらの賛否は別として
後にも先にも一目見て感じたのはこの人だけ。

バラエティ番組が
百田尚樹の作品を取り上げて絶賛してたころ

北国の片隅でせんべいをかじりながら
テレビの前に座っていたオバサンは思った。

「こいつは今に何かやらかすぞ」と。

P1180859.JPG

毒を吐いた後はお口直しに
夏休みのおやつ「シュークリーム」を紹介。

         

子供が小さい時にしょちゅう作っていたもので
私には数少ない「お菓子の自信作」。

意外にも普段家にある手ごろな材料で出来るんだ。

生クリームとバニラエッセンス以外はね。

P1180758.JPG

 〜 《 作り方 》 〜

水80cc・バター60g・砂糖ひとつまみを厚手のナベにかけて
沸騰してバターが全部溶けたら
ふるった
小麦粉65gを一気に入れて5秒ほどで火を止め
ヘラでコロンコロンになるまでまとめる。

そこに
溶き卵2個を5回ぐらいに分けて入れ
固めのクリーム状になるまで混ぜる。

絞り出し袋に入れて、天板に直径3センチぐらいに絞りだし
180〜190度で20分焼く。

DSC_0263.JPG

カスタードクリームは
厚手のナベに
卵黄3個・グラニュー糖90gを混ぜ合わせ
白っぽくなるように摺りまぜたら
小麦粉大さじ3も混ぜ合わせる。

そこに温めた牛乳300ccを数回に分けて入れ
バニラエッセンスを数滴たらしたら
ナベを弱火にかけ、とろみがつくまで混ぜ続ける。

DSC_0266.JPG

シュー皮を上下半分に切ってフタを作り
クリームを入れて完成。

シンプルにカスタードだけでも美味しいけど
泡立てた
生クリームと半々にするとまろやかでコクが出る。


飽きがこない味で無添加無着色なので
子供やお客様にも喜ばれると思うよ
。 

小ちゃいのも作って
はちちびにも食べさせたしね。
  


1436829553739.jpg
 

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 


次回の更新は8月末を予定してます。
それまでにどうか無事に猛暑を乗り切れますように。
(25度ごときで嫌気がさしてる自分が一番あぶないんだけどね 






にほんブログ村


posted by きゅう at 08:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

8月号ページ2(仲よく皮膚疾患)


夕方の散歩から帰ってきたら、はちの首の辺りが赤い

「?」と思ってよく見ると、白い毛に血が滲んでいたのだ。どんっ(衝撃)

傷のまわりを触ってみると皮膚がモッコリと腫れている。

「はちがハチに刺されたか」なんて
ダジャレを言ってる場合じゃない。

実はこの一週間前に、私自身が蚊なのかハチなのか
左腕を二ヶ所刺されて腫れあがり
かゆみと痛みで冷やすほどの重症だったのだ。

すでに時刻は夕方の5時を過ぎ。

病院に電話をしたら診てくれるというので
すぐに連れて行くことになった。

1436829792353.jpg

犬って何でこういう時には敏感なんだろう。

娘の車に乗った途端にイヤな予感がしたらしく
はちがヒンヒンと「鼻鳴き」をし始めたのだ。

おかげさまで
病院の待合室でもヒンヒンと怯えていたもんだから
診察台の上では体を押さえなくてもいいぐらいだった。

ナゼかって?

だってはちってば
逃げることも忘れるぐらいフリーズしていたんだもん。

先生が患部の毛を剃ったり、
傷口の血を顕微鏡で検査してみたけど
その日は「炎症」とのことでハッキリした原因は解らなかったのだ。

P1180733.JPG

翌日ふたたび病院の診察台で先生が傷口をしぼると

出るわ出るわ exclamation×2

ニキビのような白っぽいウミが大量に。どんっ(衝撃)

結局のとこ、
もともと出来ていた「オデキ」が
何かの拍子に破けたんだろうとのこと。

今まで毛が伸びすぎていて
出来モノの存在が解らなかったのだ。

だけど冷静に考えたら
病院に行かなくても家で対処できたんじゃないか?

1437819977904.jpg
  

〜 犬 〜 犬  〜 犬  〜 犬 〜 犬  〜 犬 〜


ちびは先週、いつも通りのカット。

1437819949992.jpg

それでも普段からかなり短く切ってもらってるので
場所によっては「肌が見えそう」な部分もあるのだ。

「いいねぇ〜〜涼しそうだね〜〜

な〜んて言ってたのもつかの間。

アレッ?おケツのあたりが異常に赤い。

よく見ると
一部分だけ毛が無くなってハゲになってるのだ。ふらふら

おまけにプツプツと赤い湿疹らしきものもある。

全身を調べてみると首のあたりにもあった。

どちらも毛を短く刈り過ぎていた場所。美容院

きっと、かゆさのあまり、
舐めたり引っかくことでことで沈めようとしたのだろう。

そりゃそうだ。

人間だって足や脇の毛をそったら痒くなるんだから。

犬だって同じだ。

P1180780.JPG

患部を洗ったり乾燥させたり
触らないようにエリザベスカラーまで作ってみたけど
何だか段々広がりつつある。

P1180787.JPG

やっかいな皮膚病だったら困るので、観念して病院へ行くことにした。

     

恐怖に固まるはちとは違い
なんとか診察台から降りようと大暴れするちびを前にして

先生がひとこと。

「かみそり負けだね」


1437476810808.jpg

やっぱり我が家のワンコたちは
メスでありながらオッサンキャラだ。

結局、かゆみ止めの注射と薬を塗られただけで
処方箋も無く帰ってきたのだ。

DSC_0257.JPG

それにしても、よく考えたらちびだって
家で様子見てもよかったんじゃないだろうか?

病院へ行くか、自宅で治すかの判断。

物言わぬワンコだけに難しい。

すべてが飼い主の判断にゆだねられるんだから。










にほんブログ村
posted by きゅう at 08:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

8月号ページ1(思慕)


「一週間のごぶさたでした。玉置宏です」

〜 お口の恋人 ロッテ歌のアルバム 

って、一ヶ月たつのが早いと思うのは私だけ?

P1180739.JPG

ブルースの女王淡谷のり子先生

「70過ぎたら坂を転げ落ちるように早いわよ」と、

東北なまりで言っていた意味が段々わかるようになってきた。

P1180575.JPG

ってことで今月号のスタートは
久々の「昭和音楽館」3連発から。 

「メロディは浮かぶんだけど、歌詞と題名が思い出せない

と、何年も歯がゆく思っていた歌を
先日、youtubeで知ることが出来た。

珍しく
「インターネットも悪くないな」と思った瞬間でもあったんだけど。

かわいい 「旅路」
https://www.youtube.com/watch?v=Upo2XkpFB9k

中学生ぐらいの時によくラジオから流れていて
調べてみるとドラマ「氷紋」の主題歌だったらしい。

ふとした瞬間に
この独特の旋律だけが甦ってきたという
私にとっては不思議な曲。


かわいい 「本牧メルヘン」
https://www.youtube.com/watch?v=jj26JzhhQbg

これはバリバリの昭和歌謡曲。

昔はよく歌詞の中に「ジョニー」って名前が出てくるんだけど
そもそも外人ではなく日本人で
「呼び名」や「あだ名」だったと思うんだ。

きっと本名は「二郎」とか「三郎」とかだったから
そういう響きに憧れがあって自ら名乗ったんだろうね。

しかもジョニーなんて言いながら
思いっきり「しょうゆ顔」のオッサンなんだから。

そして
かわいい ドラマ「冬物語」の主題歌。
https://www.youtube.com/watch?v=IxCh3OqFXKo

正直、音楽よりも浅丘ルリ子原田芳雄
雰囲気のある映像に飲み込まれそうになる。

当時、2人とも30代半ば。

今の時代だと
柴咲コウと妻夫木聡が同じような年齢なんだけど

明らかな「違い」を感じるのはナゼだろう。

時代のせいだけじゃないだろうな。

1436829589444.jpg

そして久しぶりにDJはちさんの登場 CD

今回はヘッドフォンではなく父ちゃんの帽子をかぶってるんだけど

これには涙ぐましい理由がありまして もうやだ〜(悲しい顔)

娘が洗濯をしようとした時にはちが横から現れて
洗濯物を物色し出したらしいんだけど。
(人間ならただの変態オヤジだろあせあせ(飛び散る汗)

その数多い衣類の中から見つけ出してくわえて行ったのが
この「父ちゃんの帽子」だったのだ。

IMAG0424.jpg

しばらく会えてない父ちゃんを思い出しての行動だったと思う。

例え離れていても
一番かわいがってくれる飼い主をいつでも忘れずにいる犬の心。

はちの父ちゃんに対する思いの深さを
改めて知ることになったのだ。

          

だって・・・

私の「オバ臭」ただよう靴下には見向きもしなかったんだから。










にほんブログ村
posted by きゅう at 08:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

緊急号外 〜 3度目の懺悔


確かに伸びすぎてたけどさ。

P1180657.JPG


確かに夏だからサマーカットにしたかったんだけどさ。


確かに、足元は汚れるから
「毛を残さないで」って言ったけどさ。

・・・・・・・

P1180685.JPG


足、細っ!貧乏くさっ!!

P1180686.JPG


これじゃ年寄りじゃん ふらふら


P1180691.JPG


何回「懺悔」したら気が済むんだか。


P1180704.JPG


1度目は姉に 。

http://hachi312.seesaa.net/article/307902186.html?1435827698


P1180703.JPG


2度目はちび
http://hachi312.seesaa.net/article/383451508.html?1435827514


P1180694.JPG


そして3度目だ。


P1180674.JPG


どうしよう・・・


P1180681.JPG


このまま足の毛が伸びなかったら   








にほんブログ村
posted by きゅう at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。