2015年06月30日

創刊号 ページ4


《ページ 4 〜 糸電話 》


街中の公衆電話がどんどん撤去されるために、

家族や友達とのやり取りに

不便さを感じることがある今日この頃。

ケータイを持たないでいると

震災や事故にでも遭った時に

「自分だけが助けを呼べずに死ぬかも」

って思うときもあるんだけど

やっぱり「持とう」という気が起きない。phone to

P1180568.JPG


スーパーの通路のド真ん中で
ケータイを見ながら買うものを確認しあう
邪魔くさいオバサン連中。

ゲームに興じてるのか
話しかけても全く聞こえてない若者。

せまい道路わきに
車や自転車を中途半端に止めて
ケータイに夢中になるもんだから

通れない車が何台も連なるという朝の通勤時間。

そしてそれに全く気付かない
送迎ママに女子学生。

食事時だっておんなじ。

親子4人全員がひとことの会話もせずに
ケータイとにらめっこしている
レストランのボックス席。

しまいにはケータイに気を取られて
交通事故まで引き起こす始末。

P1180566.JPG

私はやっぱりこの国は異常だなと思う。

すべてがケータイのせいとは言わないけど

毎日のようにニュースになる事件を聞いていると
何かしら関係があると思うのさ。

「人間に向き合えない人間」

を増やす原因になってるような気がするし

そもそも、あれを操作する姿が好きになれない。

「どうしても今じゃなきゃダメなのかい?

 今ケータイ見なきゃ生死に関わるのかい?」

そう尋ねてみたくなる。

「○○しながら操作できる」

っていう利便性は買うけど

「ながら族」が時として
相手に失礼になってること、解ってんのかな。

P1180571.JPG

大体にして
「便利だ」ってことも根っから信用できないし。

壊れたときに全く太刀打ち出来ないんだもん。

やっぱりある程度は自分で直せるもんじゃなきゃ。

って、じゃあ「糸電話」しかないだろ!



次回は7月末に発売予定です。
(金取んのかい!!)





にほんブログ村
posted by きゅう at 08:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創刊号 ページ3


《 ページ3 〜 暮らしのヒント 》

先週、地方でドラマのロケがあったために
二泊三日で釧路を離れた。
(女優か!)

P1180591.JPG

行き先が
「季節はずれの暑さ」をやらかしてくれる内陸だったものだから
薄手のカーディガンだけを羽織ってのお出かけ。

P1180605.JPG

ところが・・・

「ウソだろ!」と言いたいぐらい寒い。がく〜(落胆した顔)

どう考えても
フリースが必要な4月並の寒さなのだ。

さて、どうしたもんか?


どこかでジャケットかジャンパーでも買おうか?

いや、急いで買ったモノにはハズレが多いし
後で後悔するものが殆どだ。

されど外を歩くには寒すぎる・・・雨

そうだひらめき

失敗を恐れず迷わず買える防寒対策グッズexclamation

その名は「ババシャツ」。

P1180622.JPG

色は黒で
長袖Tシャツに見えるような起毛のババシャツと
ヒザ上まで来る七分丈のパンツを買って
内側にしっかり着込んだのだ。

上下合わせても1500円ほど。

しかも秋頃からは間違いなく重宝するはず。

ムダのないアイデアと買い物に、自分で自分を褒めてやった。
(有森裕子か!)

P1180611.JPG


外は初夏のファッション。

されど中は真冬のいでたち。


誰にも解るまい。フフフ・・・・







にほんブログ村
posted by きゅう at 07:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

創刊号 ページ2


 《 ページ2 〜 心変わり 》

前にも書いたかな・・・

実はちびには相思相愛の彼氏がいまして 

P1180637.JPG

いや正式には「いた」という過去形なんだけど。

散歩コースで毎日ごあいさつをする
レトリバーのミックス犬「ムック」

ちびの5〜6倍はあろうかと思えるぐらいの
体格なのだけど
家の前で外飼いされていて

ちびを遠くに見つけただけでも
大きな体に似合わない「クゥ〜〜〜ン」という鳴き声で呼ぶのだ。

ナンテかわいらしいこと!!揺れるハート

P1180621.JPG

そしてちびが近寄っていきムックと柵ごしに鼻と鼻を合わせて
ご挨拶したり匂いを嗅ぎ合うのが日課だったのだ。

ところが最近、
以前にも登場した「レオン」が元気になったため
外へ出てちびと顔を合わせることが多くなり。

どんなにちびに吠えられても唸られても
「こまったチビスケだ」
とでも言いたげに何度も近寄ってくるレオンと、

今や「顔見知り以上、恋人未満」になってしまったのだ。

P1180632.JPG

若く力のあり余ってるムックに比べ
もはや立ち上がるのがやっとのレオン

年のせいかガツガツしたところなど全く無く
ある意味「大人の落ち着き」をかもし出す「レオじい」
ちびはやすらぎを感じているのだろう。

いや、
もうここまでになると高齢のレオンに対して
「介護覚悟」の愛情なのかもしれない。

P1180597.JPG

今ではもう
レオンのところでは10分以上遊んでいるのに
ムックの前では立ち止まることすらせずに
さっさと素通りしてしまうちびダッシュ(走り出すさま)

後ろから「ワオ〜〜ン」と呼び止める
ムックの遠吠えが
なんと物悲しく聞こえることか。もうやだ〜(悲しい顔)

別に人間じゃないんだから
複数の男に愛想をふりまいたって構わないし

犬社会の平和のためには“平等”に挨拶するべきなのに。

若さゆえの心変わりか、はたまた「一途」と見るべきか。


飼い主とて
「犬の恋路を邪魔する権利」などあるはずもなく。





にほんブログ村
posted by きゅう at 23:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創刊号 ページ1


〜 創刊にあたって 〜

「こんな頻度の少ない更新じゃ、まるで月刊誌だろ」

ってことで・・・

この先は多分ツキイチ更新になりそうなので
タイトルを「創刊」ってことにしたんだけどね。

ナニナニ?
きゅうはどうでもいいからはち&ちびの様子を教えろって?

そりゃそうだ。ごもっとも。

私はこれ以上成長しないけど
はちちびは紛れもなく成長途中であって

唯一ここが公開記録の場なんだしね。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


《 ページ 1 〜 匠の技 》

はち姉さん、今年もやっぱりダニに噛まれちゃいまして。どんっ(衝撃)


P1180623.JPG


どちらかというと毛が白い犬は
ダニが付いても見つけやすいはずなんだけど

今回はナント
紛らわしく「黒い鼻の頭」に付いたのだ。


P1180617.JPG


ちょうど私が留守のときに娘が発見して
病院まで連れて行ってくれたので

私も急いで出先から現地(病院)で合流。

すでに時刻は4時過ぎ。

いつも行く病院がたまたま休診で、
ここは初めてかかる病院だったんだけど

実家のミミも生前かかりつけていたし
地元での評判もなかなか良かったから
かえって安心してたんだけどね。

P1180626.JPG

狭い院内は
犬や猫を抱えた飼い主でごった返していて

「ダニを弱らせる薬」を鼻の頭に塗られてから
1時間以上待ったのだが。

診察室に呼ばれてからは早いのなんの。

先生がペンチのような道具を使って
アッという間にダニを取ってくれたのだ。手(チョキ)

取り出されたダニの死骸を 先生が「ポイっ」と置いた。

近づいてよ〜く見たら ダニはまったく傷付くことなく
図鑑の写真のように形を成してたということに
チョットばかり感動。


上手い!これぞ職人技!


普通はムリに引っこ抜くと
ダニの体がボロボロになって
皮膚の中に頭が残ったりするというもの。

数日経ったはちの鼻も
「しこり」が残ったりすることもなく
小さな「かさぶた」が付いてるだけでキレイなものだ。

だからこれからは
ここの先生を「巨匠」と呼ぼうと思う。


P1180648.JPG

って、そんなことより

父ちゃんとはちの散歩コースが
野生のシカが集まるような草ボウボウの場所なんだから

あらかじめダニ除けの薬を使えよって話なんだけどね。ふらふら







にほんブログ村
posted by きゅう at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。